初めての方へ

ごあいさつ

初めまして。デザイナーズチラシ.com管理人の立川恵津子(たちかわえつこ)と申します。
数多いサイトの中からデザイナーズチラシ.comへお越しいただきありがとうございます。

唐突ですが、あなたは【何のために】チラシを作成するのでしょうか?
当然、【集客】や【キャンペーンの告知】というような目的のためですよね。
経費をかけてチラシを作成するのですから、反響・効果の費用対効果が高いほど【良いチラシ」と評価されることと思います。
現実的な「チラシの反応率」は、 業態や内容にもよりますが、0.01%〜0.03%程度、良くて0.1%〜0.2% と言われています。

【参考】チラシの反応率の計算・・・ 反応数÷配布数×100

仮に0.1%の反応率とすれば、チラシ1000枚で1人に効果があった計算になります。
「えっ!チラシの効果ってこんなに低いの?」と思われたかもしれませんが、
実はこの数字は目安であり、あまり意味がありません。
住宅やリフォームなどの高額商品は反応率は低く、日常品や飲食等の身近なサービスで金額が安いものや、
無料のオファーを出したものは反応が上がります。

反応率の高い「良いチラシ」を作成するためにはどのようなデザインが適切か。
デザイナーズチラシ.comは、お客様とコミュニケーションを取りながら効果的な戦略を提案します。
まずは【何のためのチラシ】という概念を、【誰のためのチラシ】にシフトしてみてはいかがでしょう。

チラシを見て、一番喜んでもらえるのは誰か?
チラシを見て、一番喜ばせたい人は誰か?
反応率を上げるためのチラシは 「誰に」(ターゲット)を明確にすることから始まるからです。

1.ターゲットが明確になる
     ↓
2.その人が興味を持っているコト、その人が抱えている不満・不便・不安が見えてくる
     ↓
3.興味を持っている人に⇒興味のある情報を届けられる
「不(不満・不安・不便など)」のある人に⇒「不」を解消する情報を届けられる
     ↓
4.知りたい人に知りたい情報が伝わるチラシが作れる
     ↓
5.反応率アップ!UP!

ターゲットの絞り込みが売上アップのコツ

不特定多数の人をターゲットにするより、興味や悩みのある一人に向けて「狙い打ち」するチラシの方が
読者は【自分のコト】として関心を示す確率が高くなります。

事例として、チラシの反応率10%を目指してターゲットを広げたチラシは、反応率0.01%以下になることが多く、
一方、チラシ発行枚数の0.01%にターゲットを絞り込んだチラシは、反応率0.02%~0.03%になることが多くなります。
集客や告知といったチラシ作成側の目的は、ターゲットが自分宛の情報と認識するデザインに変換する必要があるのです。

チラシのデザインを、正しく戦略的かつおしゃれなものに変えることで、反応率UPだけでなく、
御社のブランディングデザインやビジネスの【改善力】になれば幸いです。

チラシ以外の印刷物のデザインも承りますので、お気軽にお問合せ下さい。
お客様に「デザイナーズチラシ.comに頼んでよかった!」と思っていただけるように、誠意ある対応に努めてまいります。

お気軽にお問い合わせください。03-3965-3190受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

今すぐメールで問い合わせる

おしゃれなチラシ1000部セットが超オトク!

【おしゃれなチラシ】1000部全込セットは、デザイン料+印刷代金+送料+デザインデータが全部込コミで、片面14800円(税別)、両面24800円という大変オトクなチラシセットです。無料のデザイン案を作成しますので、事前にデザインを確認してから発注いただけます。ぜひお試しください。