良いチラシデザインとは?

良いチラシデザインは3つのポイントを満たしている

チラシやフライヤーを作成する時、必ず目的があります。
お店をオープンする時は、「お店がオープンするのでご来店ください!」と告知する。
ヨガサロンや塾を経営しているオーナー様は、生徒募集をかけて売上を伸ばしたい。

チラシデザインとは、このようなチラシ作成の目的を形にする専門スキルだと思います。
ただし、チラシがどんなにカッコよくおしゃれなデザインだとしても、次の3つのポイントを満たしていなければ【良いチラシデザイン】とはいえません。なぜなら、3つのポイントはチラシ作成の目的を達成するための必須条件だからです。

良いチラシデザインの3つのポイントとは?

良いチラシデザインによってユーザーに、

  • 認知される
  • 印象に残る
  • 特長がわかる

チラシは、チラシの目的を達成できる【良いチラシ】です。

1.認知

認知はチラシ作成のテーマともいうべき重要なポイントです。ユーザーはチラシのデザインから情報を「認知」することができます。「認知」しづらいデザインは【良いデザイン】とはいえません。文字の大きさ、太さ、色、インパクトの大きさなどメリハリをつけて、ユーザーがチラシの情報を「認知」しやすいデザインを心がけています。

2.印象

美味しそう、面白そう、お得感たっぷり、悩みが解消できそう…等、チラシのデザインからユーザーに与えたい印象が伝わると、 より強くチラシの内容を覚えてもらうことができます。「印象」は「認知」を強調させるためのデザインです。チラシの印象=お店の印象であることが望ましいです。

3.オリジナル性

競合他社に競り勝つためには、オリジナル性のある商品や魅力的なサービスがユーザーを惹きつけます。一度来店したユーザーがお店のオリジナル性を気に入り、「誰かに教えてあげたい」と思うチラシは、良いデザインのチラシと言えます。

強調させたいポイントでチラシデザインを変える

チラシデザインの現場では、1.認知、2.印象、3.オリジナル性の3つのポイントのうち、どれか一つが特に強調されるケースが多く見られます。依頼者様によっては、 2.印象、3.オリジナル性が曖昧な場合もあり、最大目的である1.認知の強調だけでチラシをデザインすることはできます。

【 良いチラシデザイン】 のチラシと比較すると、どうしてもチラシ効果に差が出ます。弊社は、出来る限りお店の3.オリジナル性を引き出すデザインを心がけています。3.オリジナル性はお店の魅力そのものですし、チラシ効果の鍵を握る重要な情報だからです。

このトピックのまとめ

 良いチラシデザイン】 とは、 1.認知、2.印象、3.オリジナル性の3つのポイントを兼ね備えているデザインです。
デザイナーズチラシ.comは 良いチラシデザイン】でチラシを作成いたしますので、安心してご依頼下さい。

サンプルチラシを無料で作成

無料でデザインサンプル(片面)つくります!
デザイナーズチラシ.comは、御社用にカスタマイズしたオリジナルのサンプルチラシ(片面)を無料作成します。ご発注(ご入金)前に、レイアウトやデザインのクオリティを確認できる仮発注システムで、安心してチラシデザインの依頼ができます。仮発注だからキャンセルもOK。まずはお気軽に【無料のチラシサンプル】をお申込みください。(ボタンをクリックするとお申込みフォームへリンクします)