デザインデータの【環境にないフォント】を置換える方法

他人が作成したaiデータを自分のPCで開くと、あれれ?テキストにピンクの帯がついて表示がヘンになっている!なんてことがあります。
これはあなたのPCにそのフォントがインストールされていないため、Illustratorが「どのフォントで表示しますか?」と訊いているのです。

環境にないフォントはピンクの帯が表示される

デザイナーズチラシ.comのデータ納品は、基本的にテキストはアウトライン化(図形化)するので、デザイナーが意図したフォントが置換わることはありませんが、一旦アウトライン化したテキストは編集することができません。

内容の一部を変更して再利用したい場合、テキストをアウトライン化しないデザインデータを納品させていただくことがあります。この場合でも、お客様のPC環境にないフォントでデザインされていると、同様の現象が起こります。特に大きいサイズの見出しのフォントが環境にないと、レイアウトが崩れたように見える場合がありますが、Illustratorでフォントの置換えをすればすぐに解決します。

Adobe Fontsで置換える

Adobe Creative Cloud プランを利用しているユーザーなら、環境にないフォントがAdobe Fontsあれば簡単にフォントの置換えができます。

  1. Illustratorの書式メニューから【環境にないフォントを解決する】を選択
  2. アクティベートにチェックを入れる
AdobeFontsに該当フォントがない場合はアクティベート出来ません。

システムフォントで置換える

Adobe Fontsを利用していない場合、もしくはAdobe Fontsに該当フォントが無い場合は、PCにインストールされているシステムフォントで置換えます。

置換える作業は簡単ですが、置換えるフォントの選択は何でもOK!というわけにはいきません。デザイナーは、用途や情報伝達の両立を考慮してフォントを選んでいるからです。フォントが変わればデザインも変わるということです。フォントだけでなく、文字間、行間、文字の太さなどの設定も、フォントの変更に伴い変更されることがあります。見出しなどの大きいサイズのフォントやデザイン性の高い手書きフォントなどが使われている場合は、そのフォントだけアウトライン化を依頼するとよいでしょう。

  1. Illustratorの書式メニューから【フォント検索】を選択
  2.  印のついているフォントを選択し、置換えするフォントはシステムを選択
  3. システムフォントから置換えするフォントを選択し、置換をクリックして完了
システムフォントから置換えするフォントを選択し、置換をクリックして完了

上図②の【置換するフォント】の選択肢は、システムの他に【ドキュメント】、【最近使用したファイル】があります。画面のヒントにあるように、フォント名を右クリック&ホールド(Windows版)すればフォントがプレビュー表示されます。

「ほんとに、フォント。」はフォント置換えに参考になる本です。

ほんとに、フォント。」ingectar-e (著)という本は、フォントを活かしたデザインレイアウトについて、わかりやすく解説されています。フォントひとつでチラシや広告のイメージがこんなに変わるの?というサンプルを見るだけでも参考になります。

魅せる文字と読ませる文字は意識して使い分ける

イメージやターゲットに合わせたフォントを選択

フォント選び、それはセンス・・・

ほんとに、フォント。」より引用

デザイナーは案件ごとにフォント選びには気を使います。なるべくアウトライン化したデザインデータで、デザイナーが意図したフォントを使っていただけると幸いです。チラシデザインにおけるフォントは、デザインの重要な要素です。

弊社では、ご要望があれば編集可能な非アウトライン化データもお渡しすることができます。これは他社ではほとんど取扱わないサービスですので、どうぞご利用下さい。

サンプルチラシを無料で作成

無料でデザインサンプル(片面)つくります!
デザイナーズチラシ.comは、御社用にカスタマイズしたオリジナルのサンプルチラシ(片面)を無料作成します。ご発注(ご入金)前に、レイアウトやデザインのクオリティを確認できる仮発注システムで、安心してチラシデザインの依頼ができます。仮発注だからキャンセルもOK。まずはお気軽に【無料のチラシサンプル】をお申込みください。(ボタンをクリックするとお申込みフォームへリンクします)